この授業は過去の授業です。2020年度に同名・同教授の開講はないようです。

まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    自動登録/観光調査・研究法入門(Introduction to Research Practice)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    専任教員 他

  • 備考

    2010年度以降1年次入学者対象(必修科目)

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM1000

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%出席(20%) 、クラス授業での小テストまたは課題(80%)
  • 授業の目標

    観光学部での学習・研究の基礎となる共通の知識と技法とを習得する。

  • 授業の内容

    全体授業 (第1回~第3回) およびクラス別授業 (第4回以降) を通して,以下の授業計画に記す諸テーマに沿って授業を行う。 第4回以降は,各クラスのアカデミックアドバイザーと,諸テーマを専門とする担当教員によって,実習形式の授業が進められる。 なお,第5回~第13回はクラスごとに授業の順序が異なる。

  • 授業計画

    1.  観光学部で学ぶために:その1 (講演)。
    2.  観光学部で学ぶために:その2 (学習全般)。
    3.  レポート・小論文の書き方 (基礎篇)。
    4.  クラス別授業の進め方。
    5.  図書館情報検索演習。
    6.  『観光白書』を読む。
    7.  観光研究のための基本文献。
    8.  交流文化研究のための基本文献。
    9.  内容分析の基礎。
    10.  アンケート調査の基礎。
    11.  インタビュー調査・フィールドワーク調査の基礎。
    12.  研究発表の方法とレジュメの作成法。
    13.  レポート・小論文の書き方。
    14.  授業のまとめ。
  • テキスト

    使用しない。

  • 参考文献

    授業時に紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    特にクラス別授業では,小テストまたは課題の提出が毎回あり,その取り組み方に基づいて成績評価を行うため,授業には必ず出席するよう努めること。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ