この授業は過去の授業です。2020年度に同名・同教授の開講はないようです。

観光学部 / 交流文化学科

演習(2年)B

年度・学期コマ教室
2017 / 秋水・3
N845
講師キャンパス備考
豊田 由貴夫
新座特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    自動登録/演習(2年)B(Seminar (2nd year)B)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    豊田 由貴夫(TOYODA YUKIO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM2003

  • 使用言語

    その他(Others)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%平常点(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
  • 授業の目標

    異文化を理解するための様々な問題を、文化人類学の視点から考える。

  • 授業の内容

    異なる文化を理解し,それを人に伝えるためにどのようなことが必要か,どのような問題があるのかを,文化人類学の視点から考えてもらう。具体的には,観光に伴う文化現象,開発の問題などがテーマとして考えられる。研究対象は海外ばかりでなく,我々の身近な場面でも見つけられるだろう。同時に、ゼミでの分担発表やそのための準備,レポートの作成などを通じて,発表の能力,文章を書く訓練など,自分の意見を相手に伝えるコミュニケーション能力を身につけることを目指す。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション
    2.  人種と民族(1)
    3.  人種と民族(2)
    4.  人種と民族(3)
    5.  観光と文化(1)
    6.  観光と文化(2)
    7.  観光と文化(3)
    8.  文化人類学の理論(1)
    9.  文化人類学の理論(2)
    10.  文化人類学の理論(3)
    11.  現代社会と文化人類学(1)
    12.  現代社会と文化人類学(2)
    13.  現代社会と文化人類学(3)
    14.  まとめ
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    人類学のコモンセンス浜本満・浜本まり子学術図書出版社978-4873614328

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    以下の文献の,いくつかの章を事前に読んでおくことが望ましい。
    浜本満・浜本まり子編『人類学のコモンセンス』学術図書出版社, 1994,

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業