この授業は過去の授業です。2020年度に同名・同教授の開講はないようです。

全学部共通カリキュラム / 総合系科目(2016~)

スポーツスタディ2(ボディコンディショニング)

年度・学期コマ教室
2018 / 春水・3
P401
講師キャンパス備考
伊藤 詩織
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    スポーツスタディ2(Sports Study 2)

  • テーマ/サブタイトル等

    ボディコンディショニング

  • 担当者

    伊藤 詩織(ITO SHIORI)

  • 備考

    定員30名

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP1220

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%リアクションペーパー(42%) 、中間レポート(20%) 、グループワーク(38%)

    2/3以上の出席をしていない場合は、成績評価の対象としない

  • 授業の目標

    身体のコンディショニングを実践することは、健康の維持増進のみならずQOL(生活の質)の向上につながる。政策内容や健康づくりに関する諸概念を正しく理解すること、運動をはじめとした健康づくりに親しむ基礎を構築すること、自らの身体に関心を向け、生活をコントロールする意欲を醸成することを目標とする。

  • 授業の内容

    講義では、厚生労働省の定める健康づくりのための身体活動基準を知り、個人の身体データを用いて運動、栄養、休養について学ぶ。実技では、講義で学んだ内容の実践やGボールを使用した運動等をおこなう。

  • 授業計画

    1.  ガイダンス
    2.  健康日本21、身体データ測定
    3.  身体活動量の評価とエネルギー消費量、Gボールを使った運動1
    4.  個人の健康づくり
    5.  健康のためのダイエット
    6.  栄養、女性のボディコンディショニング
    7.  コンディショニングとしての休養
    8.  コンディションチェック1、Gボールを使った運動2
    9.  コンディションチェック2、Gボールを使った運動3
    10.  グループワーク1
    11.  グループワーク2
    12.  グループワーク3
    13.  グループワーク4
    14.  グループワーク5
  • テキスト

    特に必要としない。必要に応じて授業時にプリントを配布する。

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業時に必要に応じて指示する。

  • その他(HP等)

    ・運動に適した服装・シューズで受講すること。
    ・当該年度の定期健康診断を必ず受診すること。受診していない場合は、成績評価の対象としない場合がある。
    ・必要に応じて、グループワーク(ディスカッション、発表など)を予定している。
    ・資料の配布、課題の提出などにBlackboardを使用する。
    ・Blackboardを通じて、中間レポートに対する講評をおこなう。
    ・授業進度等によって内容を変更する場合がある。

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています