この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

コーポレート・ファイナンス

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018経営学部国際経営学科亀川 雅人
水・2
D301池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    BT021/コーポレート・ファイナンス(Corporate Finance)

  • テーマ/サブタイトル等

    ビジネスプランの企業価値計算

  • 担当者

    亀川 雅人(KAMEKAWA MASATO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    BUS2300

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)90%
    平常点(In-class Points)10%最終レポート(Final Report)(10%)
  • 授業の目標

    資本調達と運用に関する基本的な知識を習得し、企業価値に関する具体的なイメージを形成できるようにする。資本主義社会における利潤の役割と資産評価の意義を学びます。技術変化等の環境変化は、価値観を多様化させ、ビジョンそのものを変化させねばならないこともあります。リーダーシップのあり方が企業価値に影響を及ぼすことを理解しなければなりません。

  • 授業の内容

    資本に関する理論的考察の後に、資本コスト、投資の経済計算、株式や社債の評価等の基礎的な概念を学び、ビジネスプランを作成して企業評価のイメージを持つ。また、資本構成や配当政策と企業価値(資本コスト)の関連性に関する学説を紹介する。

  • 授業計画

    1.  資本主義社会と資本概念
    2.  貯蓄、資本、利子の関係について考察
    3.  損益計算書、貸借対照表の利益と企業評価の関係
    4.  株式会社制度と資本市場の役割について
    5.  現在価値計算と投資の経済計算
    6.  ビジネスモデルと企業評価1
    7.  ビジネスモデルと企業評価2
    8.  損益分岐点分析(固定費と変動費の意味)
    9.  損益分岐点分析(資産所有のリスクについて)
    10.  リスクの評価方法
    11.  資本資産評価モデルについて
    12.  資本構成と資本コストの関係1
    13.  資本構成と資本コストの関係2
    14.  配当政策について
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    41e6dkr obl. sl160 『ファイナンシャル・マネジメント』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    亀川雅人学文社978-4-7620-1972-2

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    41lnpcg0x2l. sl160 『資本と知識と経営者』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    亀川雅人創成社4794450109

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    課題リポートを3回ほど実施します。評価に加点しますが、必須ではありません。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

関連授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています