この授業は過去の授業です。2020年度に同名・同教授の開講はないようです。

経営学部 / 国際経営学科

CSR

年度・学期コマ教室
2018 / 秋木・1
4402
講師キャンパス備考
水村 典弘
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    BT082/CSR(CSR)

  • テーマ/サブタイトル等

    現代企業の社会的責任:その歴史と現在形

  • 担当者

    水村 典弘(MIZUMURA NORIHIRO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    BUS1700

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)50%
    平常点(In-class Points)50%リアクションペーパー(50%)

    単位修得のためには80%以上の出席を必要とする。

  • 授業の目標

    CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)がこれまでどのように論じられてきているのかについて理解すること。

  • 授業の内容

    実務と研究者の世界でベンチマーキングされるCSRの事例(ケース)を紹介しながら、CSRがこれまでにたどってきた道筋を説明します。また、「グローバル企業市民」(Global Corporate Citizenship:GCC)の理念や「共通価値創造の戦略」(Creating Shared Value:CSV)のコンセプトをはじめとして、「経営の見える化」「V2V(Values into Value)モデル」「開発課題に焦点を当てた事業スキーム」「ESG投資の動向」など、CSRの現在形についてもグループワーク形式で学びます。

  • 授業計画

    1.  経営学とCSR (Defining the value of doing good business)
    cf. Thomas Donaldson (2006) Defining the value of doing good business
    2.  経営のプロフェッショナリズム (Business management and professionalism)
    3.  企業とゲートキーパー (Corporate gatekeepers)
    4.  企業活動のグローバル化とNGOs (Advocacy groups and corporate social responsibility )
    5.  グローバル企業市民の理念 (Global corporate citizenship)
    cf. Klaus Schwab (2008) Global Corporate Citizenship
    6.  統合報告と重要課題マトリクス (Integrated reporting and Materiality Matrix)
    7.  経営の見える化(1):KGI - KSF(CSF) - KPI (Values into Value)
    Case: JNJ Credo Values – Value Drivers - Value
    8.  経営の見える化(2):KGI - KSF(CSF) - KPI (Values into Value)
    Case: JNJ Credo Values – Value Drivers - Value
    9.  企業活動と社会負荷 (Understanding a company's social impact)
    cf. Michael Porter and Mark Kramer (2006) Corporate Social Responsibility
    10.  バリューチェーンとCSV(Nestlé S.A. Creating Shared Value)
    cf. Michael Porter and Mark Kramer (2011) Creating Shared Value
    11.  社会課題解決と国際開発(1) (Social issues and business strategy)
    : SDGs and BCtA (Business Call to Action)
    12.  社会課題解決と国際開発(2) (Social issues and public relations)
    : PR and company conscience
    13.  ESGの動向と日本企業の対応 (Does CSR pay? )
    cf. Michael Walzer (2011) On Humanitarianism
    14.  CSRと長期的な視野に立つ経営(Enlightened stakeholder theory)
    cf. Michael Jensen (2001) Value Maximization
  • テキスト

    なし

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    41s2w5jm9jl. sl160 『正しいビジネス―世界が取り組む「多国籍企業と人権」の課題―』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    ジョン・ジェラルド・ラギー(東澤靖訳)岩波書店9784000259767
    516mr 32qdl. sl160 『CSV経営戦略』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    名和高司東洋経済新報社9784492533697

    HKS/CSRI(HARVARD Kennedy School Corporate Social Responsibility Initiative)Home > Research & Publications > Working Papershttp://www.hks.harvard.edu/centers/mrcbg/programs/csri

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    講義の予習(事前準備学習)と復習(事後展開学習)に必要な資料(Readings in English)のURLはすべてBlackboardにアップします。各自でDLして、講義に持参してください。※タブレット端末使用可

  • その他(HP等)

    講義で使用する資料には英語資料を含みます。講義資料等のURLはすべてBlackboardにアップします。

    Knowledge Source
    HKS/CSRI(HARVARD Kennedy School Corporate Social Responsibility Initiative)
    Home > Research & Publications > Working Papers
    http://www.fsg.org

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業