この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

法学部 / 法学科・国際ビジネス法学科・政治学科

民法2(その他)

年度・学期コマ教室
2018 / 春火・3
D201
講師キャンパス備考
鳥山 泰志
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    EX026/民法2(その他)(Civil Law 2)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    鳥山 泰志(TORIYAMA YASUSHI)

  • 備考

    法学科3年次以上,国際ビジネス法学科2年次以上,政治学科2年次以上

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 授業の目標

    民法 第2編 物権 のうち、第1章から第6章が規定する事柄の基本的な知識を修得し、法的な思考力の向上を目指す。

  • 授業の内容

    民法が規定する制度やその趣旨、裁判上の運用実態(判例)を中心に講義する。

  • 授業計画

    1.  物権とは(イントロダクション)
    2.  物権的請求権
    3.  物権変動①――物権変動の意義・176条
    4.  物権変動②――不動産登記の概要・177条の効果
    5.  物権変動③――177条の要件その1(登記を要する物権変動の総論的問題・第三者の意義)
    6.  物権変動④――177条の要件その2(登記を要する物権変動の個別的問題)
    7.  物権変動⑤――177条の要件その3(登記を要する物権変動の個別的問題の続き)
    8.  物権変動⑥――動産物権変動
    9.  所有権①――所有権の意義とその取得
    10.  所有権②――共有(含む、区分所有)
    11.  用益物権
    12.  占有権①――占有権の要件
    13.  占有権②――占有権の効力
    14.  総括――物権法の社会的意義
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    判例30 民法2物権水津太郎ほか有斐閣978-4-641-13785-1

    いわゆる「教科書」は指定しません。初回に示す本のリストから自分にあった本を選んでください。なお、ここで挙げた判例集を通じて判例を勉強するので、これは全員が入手しておいてください。

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    初回に紹介する本につき、事前に指定した(初回を除く)ページをあらかじめ読んでおくこと。また、民法1に関する知識が不十分である者は、その復習をしておくこと。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業