この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

法学部 / 法学科・国際ビジネス法学科・政治学科

経済法2

年度・学期コマ教室
2018 / 秋水・2
8202
講師キャンパス備考
早川 雄一郎
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    EX112/経済法2(Economic Law 2)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    早川 雄一郎(HAYAKAWA YUICHIRO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2400

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 授業の目標

    独占禁止法の不公正な取引方法の規制及び景品表示法の規制の仕組みと考え方を理解する。

  • 授業の内容

    独占禁止法の規制のうち、不公正な取引方法の規制を中心に解説する。
    不公正な取引方法の総論として「公正競争阻害性」概念について解説したのち、各論的な行為類型である再販売価格の拘束、不当廉売、優越的地位の濫用といった様々な行為類型に関する基本的な考え方や先例を説明する。関連する規制として景品表示法も取り上げる予定である。

  • 授業計画

    1.  不公正な取引方法の規制の全体像
    2.  不公正な取引方法総論:公正競争阻害性
    3.  不公正な取引方法各論:再販売価格の拘束
    4.  不公正な取引方法各論:その他の拘束条件付取引
    5.  不公正な取引方法各論:排他条件付取引
    6.  不公正な取引方法各論:不当廉売
    7.  不公正な取引方法各論:取引拒絶規制
    8.  不公正な取引方法各論:差別対価等
    9.  不公正な取引方法各論:取引強制(抱き合わせ販売)、不当な顧客誘引
    10.  景品表示法の規制(1)不当表示規制
    11.  景品表示法の規制(2)景品規制、景品表示法のエンフォースメント
    12.  不公正な取引方法各論:優越的地位の濫用
    13.  不公正な取引方法各論:取引妨害
    14.  まとめ
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    51q79a8eavl. sl160 条文から学ぶ独占禁止法
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    土田和博・栗田誠・東條吉純・武田邦宣有斐閣9784641144705

    消費者庁「事例でわかる景品表示法」http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_160801_0001.pdf

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    ベーシック経済法(第4版)川濵昇・瀬領真悟・泉水文雄・和久井理子有斐閣9784641220201
    51s2gbz0cnl. sl160 経済法判例・審決百選(第2版)
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    金井貴嗣ほか編有斐閣9784641115347

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業中に指示する。
    教科書や参考書については、初回の授業時に説明する。
    なお、独占禁止法は、民法(契約法)や会社法など他の実定法科目の知識を前提知識としている部分があるので、並行して学習することが望ましい。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業