この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

法学部 / 法学科・国際ビジネス法学科・政治学科

商法1

年度・学期コマ教室
2018 / 春木・1
金・1
AB01
講師キャンパス備考
高橋 美加
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    EX041/商法1(Commercial Law 1)

  • テーマ/サブタイトル等

    会社法

  • 担当者

    高橋 美加(TAKAHASHI MIKA)

  • 備考

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    4単位(4 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)90%
    平常点(In-class Points)10%小テスト(10%)

    授業への積極的な参加を平常点として評価する場合がある

  • 授業の目標

    我が国の会社法,主に株式会社に関する法を概観する。株式会社をめぐる関係者の利害得失を見極めるとともに、経営組織のあり方に関する近年の潮流を俯瞰することを目標とする。

  • 授業の内容

    会社法,特に株式会社法を中心に講義する。平成17年に商法典から独立する形で成立した「会社法」は、日本経済の激動と経済のグローバル化の影響を受け、あるいは社会的に注目を浴びた経済事件などに対処するべく、現在も形を変え続けている。どのような会社経営のシステムがわが国に適合的であるか、たとえば近年存在感を増す社外取締役の実効性などを考える際,法の建前と現実の株式会社との乖離の原因の分析等,様々な観点からの検証が必要である。
    授業はおおむね講義形式であるが、Blackboardを利用した小テストも行う。

  • 授業計画

    1.  企業ないし企業取引の特色
    2.  会社法とは何か
    3.  株式会社の運営
    4.  株式と株主
    5.  株主総会(1)
    6.  株主総会(2)
    7.  会社の業務執行
    8.  取締役会の役割
    9.  取締役の義務(1)
    10.  取締役の義務(2)
    11.  取締役の責任
    12.  代表訴訟
    13.  取締役の第三者に対する責任
    14.  会計参与・会計監査人・監査役
    15.  指名委員会等設置会社と社外取締役
    16.  監査等委員会設置会社と平成26年改正
    17.  株式の種類と内容
    18.  株式の譲渡と証券市場
    19.  会社の利益と計算
    20.  自己株式の取得
    21.  企業金融―株式の発行
    22.  企業金融―社債・新株予約権
    23.  会社の設立
    24.  企業再編とM&A
    25.  買収と買収防衛
    26.  株式会社と債権者
    27.  会社の清算
    28.  総括―会社法総則
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    5117tyamrvl. sl160 『会社法判例百選(第3版)』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    岩原紳作ほか有斐閣9784641115309
    418b5olnjol. sl160 『会社法』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    高橋美加・笠原武朗・久保大作・久保田安彦弘文堂9784335356148

    授業開始前に新版が出版された場合は新しいものを使用する。

  • 参考文献

    開講時に指示する

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    株式会社に関わる新聞記事・広告・ニュースなどに関心を持ち、その都度調べ、法制度とのつながりを理解すること。
    重要な判例の解説を読んでおくこと。
    Blackboardを利用した小テストを行うので、授業中の指示に従うこと。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています