この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

民法1(法学科1年次)

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018法学部法学科・国際ビジネス法学科・政治学科藤澤 治奈
通年木・3
9大池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    EX020/民法1(法学科1年次)(Civil Law 1)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    藤澤 治奈(FUJISAWA HARUNA)

  • 備考

    法学科1年次のみ

  • 学期

    通年(Full year)

  • 単位

    4単位(4 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)50%
    平常点(In-class Points)50%小テスト(20%) 、中間テスト(30%)
  • 授業の目標

    民法総則について基礎的な理解を得ることを目標とします。

  • 授業の内容

    民法の第1編総則について,基礎的な講義を行います。「民法総則」とは,民法のうち,民法全体に共通するルールを定めた部分を指します。講義の前半では,民法総則のうち,人や意思表示の問題を扱い,民法の基本を理解することを目指します。後半では,意思表示と第三者の関係や代理の問題を扱い,発展的な内容にも取り組んでいきます。なお,この授業では,平成29年の民法改正後の規定を対象として講義を行います。

  • 授業計画

    1.  序説
    2.  自然人
    3.  成年後見
    4.  法律行為とは
    5.  意思表示(1)
    6.  意思表示(2)
    7.  意思表示(3)
    8.  契約の解釈
    9.  契約の内容
    10.  意思表示と第三者(1)
    11.  意思表示と第三者(2)
    12.  意思表示と第三者(3)
    13.  無効と取消し
    14.  中間テスト
    15.  代理とは
    16.  代理総論
    17.  無権代理(1)
    18.  無権代理(2)
    19.  表見代理(1)
    20.  表見代理(2)
    21.  法人総論
    22.  法人各論
    23.  権利能力なき社団
    24.  条件・期限
    25.  時効とは
    26.  時効障害
    27.  時効の援用
    28.  まとめ
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    民法総則(日評ベーシック・シリーズ)原田昌和・寺川永・吉永一行日本評論社978-4-535-80679-5
    51obacvsa4l. sl160 民法1総則 判例30! (\START UP/)
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    原田昌和・秋山靖浩・山口敬介有斐閣978-4641137820

    授業には,平成29年民法改正に対応した六法を持参してください。

  • 参考文献

    授業中に適宜指示します。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    毎回,予習範囲を指示するので,教科書の該当部分を読んでから授業に臨んでください。また,授業の復習として,指定された判例解説を読んでください。

  • その他(HP等)

    <授業形態>
    パワーポイントを使用した講義形式の授業です。毎回,レジュメを配布します。

    <フィードバック>
    小テスト,中間テスト,筆記試験のフィードバックをBlackboardを通じて行います。

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています