この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

全学部共通カリキュラム / 総合系科目(2016~)

アウトドアの知恵に学ぶ

年度・学期コマ教室
2019 / 春火・3
MB01
講師キャンパス備考
鹿熊 勤
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    アウトドアの知恵に学ぶ(Learning from the Outdoors)

  • テーマ/サブタイトル等

    人と自然の本質的関係

  • 担当者

    鹿熊 勤(KAKUMA TSUTOMU)

  • 備考

    2015年度以前1年次入学者対象科目

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限 MB01

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

  • 使用言語

  • テキスト用コード

    FE701

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)60%
    平常点(In-class Points)40%課題レポート(40%)
  • 授業の目標

    人が生きるために見い出し伝承してきたさまざまな生活技術や、 平等・協力を前提とした社会的なしくみ。 これらの源流は狩猟・漁労・採集で暮らした縄文時代にまでさかのぼることができます。 縄文の知恵は完全に消失してしまったわけではなく、 今も農山村の伝統的な生活技術や、 自然の中で行なう娯楽の中にエッセンスとして生きています。 これら 「アウトドアの知恵」 について知っておくことは、 非常時の行動選択に役立つと同時に、自然と人間の本質的な関係を振り返り、 持続可能な社会の在り方を考えるヒントになります。

  • 授業の内容

    スライド写真による解説を中心に進行します。 テーマに応じて実体標本を回覧し、 ゲストスピーカーからより専門的なお話を伺う予定です。 本授業で扱う 「アウトドア」 とは、 自然を上手に利用する技術や知恵全般のことであり、テントの張り方やバーベキューの方法といった個別のレジャーテクニックを学ぶ場ではありません。 なお 「命」についても多く取り上げます。狩猟などの回では人により不快に感じる画像も扱いますが、 人間の営みを振り返るうえで避けることのできないテーマですので、 ご承知おきください。

  • 授業計画

    1.  ガイダンス
    2.  人は何を食べてきたか(採集生活の知恵)
    3.  地球のリズムで暮らす
    4.  毒と薬
    5.  漁労の知恵①
    6.  漁労の知恵②
    7.  昆虫へのまなざし①
    8.  昆虫へのまなざし②
    9.  日本人と野生動物
    10.  狩猟の知恵
    11.  衣と住を支えた植物
    12.  火と刃物
    13.  ゲストスピーカー招聘授業①
    14.  ゲストスピーカー招聘授業②
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    512wkcj3erl. sl160 『糧は野に在り』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    かくまつとむ農山漁村文化協会978-4-540-14196-6

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業時に関心を持った項目について自主的に調べを重ねることが理想。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています