この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

全学部共通カリキュラム / 総合系科目(2016~)

生命の歩み

年度・学期コマ教室
2019 / 秋水・4
D201
講師キャンパス備考
更科 功
池袋特になし

みんなのレビュー

経営学科
2017年04月14日
成績:C
  • 学びの大きさ
  • 授業の簡単さ
    ★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★
授業行って小テストをちゃんと受ければS来ると思います 
授業行かないとCです
国際経営学科
2017年09月06日
成績:S
  • 学びの大きさ
    ★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
出席ありませんでした
ノートを取るのが非常にダルいです、ただ真面目にやればテストも簡単です
文学科ドイツ文学専修
2017年09月20日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
板書必須です。授業後に毎回小テストがあり、ノートをみてもオッケーなので、まじめに板書していたら、ほぼ満点をとれます。名前を書けば1点もらえるという優しさ。授業の内容も面白いです。理系があまりわからなくてもわかりやすく解説してくれます。
メディア社会学科
2018年07月15日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
楽単 毎回簡単な小テスト(ノート見てOK)と期末試験で取れる
文学科ドイツ文学専修
2018年07月25日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★
そんなにテストも難しくないし割と点数取りやすかった。
国際経営学科
2018年09月05日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
Sだと思ったら、Aだった。テストは、3択の問題と記述が1問ぐらいだった気がする。ちょっと勉強していったのだが、A。単位は来るけど、S欲しかったら、膨大な板書をしっかり理解しておく必要がある。
物理学科
2019年03月30日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★
名簿への名前の記入と授業の終わりに行われる小テストの提出をもって出席点が得られました。
小テストは簡単な2、3問の選択問題で、ノート参照が可能なので板書を写しとっておけば問題ないと思われます。
期末試験は持ち込み不可のマークシート形式で、最後に記述問題がありました。内容はそれほど難しくなかったので、試験の前に板書ノートを見直しておけば大丈夫でした。
文学科英米文学専修
2019年04月07日
成績:S
  • 学びの大きさ
    ★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★
経営学科
2019年09月13日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
板書を覚えてテストに挑む。高校生の生物授業の続きのようなイメージ。
法学科・国際ビジネス法学科・政治学科
2020年01月29日
成績:A
  • 学びの大きさ
    ★★★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★
muzukasii
経営学科
2020年01月29日
成績:S
  • 学びの大きさ
    ★★★
  • 授業の簡単さ
    ★★★★★
  • 単位の取りやすさ
    ★★★★★
  • 科目コード/科目名

    生命の歩み(Origin of Life)

  • テーマ/サブタイトル等

    40億年にわたる生命と地球の共進化

  • 担当者

    更科 功(SARASHINA ISAO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限 D201

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP2500

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    FE121

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)60%
    平常点(In-class Points)40%小テスト(1回目~13回目は各3%、14回目は1%)(40%)
  • 授業の目標

    地球上の生物は,約四十億年前のただ一種の生物から進化してきた歴史的存在であるという観点にたって,現在の生物の複雑性と多様性を理解する。

  • 授業の内容

    生命は地球の環境に適応して進化してきた反面,地球の環境を作り上げてもきた。そのような生命と地球の共進化の歴史を,なぜそういうことが分かるのかという方法論もふくめて,様々な角度(化石,現生生物,惑星科学など)から解説する。また、生命の歩みは偶然の出来事(隕石の衝突など)によっても大きな影響を受けたことも理解してもらう。講義は板書形式でおこなうが,パワーポイントも併用する。毎回講義の最後に,ノート参照可の簡単な小テストをおこない,小テストの提出をもって出席とする。

  • 授業計画

    1.  生命の起源
    2.  最古の化石
    3.  地球の全生物の共通祖先
    4.  光合成
    5.  真核生物
    6.  多細胞生物
    7.  カンブリア紀の爆発
    8.  生物の陸上進出
    9.  大量絶滅
    10.  恐竜の時代
    11.  巨大隕石の衝突
    12.  哺乳類の繁栄
    13.  人類の進化
    14.  地球外生命の可能性
  • テキスト

    なし

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    31uyjztrcil. sl160 『化石の分子生物学』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    更科功講談社978-4-06-288166-1
    51fowvd9hzl. sl160 『爆発的進化論』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    更科功新潮社978-4-10-610685-9
    51ccl3fgvnl. sl160 『宇宙からいかにヒトは生まれたか』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    更科功新潮社978-4-10-603781-8
    51i99u13ocl. sl160 『絵でわかるカンブリア爆発』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    更科功講談社978-4-06-154779-7
    51nmvat0vil. sl160 『絶滅の人類史』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    更科功NHK出版978-4-14-088541-3

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    講義の性質上,以前の講義で説明した語句(時代や生物の名前など)が頻出するので,少なくとも前回のノートを見直しておくこと。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています