この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

経営学部 / 経営学科

経営戦略論

年度・学期コマ教室
2019 / 春水・3
8202
講師キャンパス備考
西原 文乃
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    BT024/経営戦略論(Corporate Strategy)

  • テーマ/サブタイトル等

    企業が持続的な競争優位を確保するためにすべきこととは何か(What should a company do to sustain its competitive advantage.)

  • 担当者

    西原 文乃(NISHIHARA AYANO)

  • 備考

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限 8202

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    BUS2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    BT024

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%ミニクイズ(20%) 、授業参加(10%) 、リアクションペーパー(30%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
  • 授業の目標

    企業は、日々新たな価値を生み出し、持続的な競争優位を確保しなければならない。その際、企業が何をすべきかを明らかにするのが経営戦略である。経営戦略を立てるには、企業の外部環境や内部要因の分析と、経営理念(ミッション・ビジョン・バリュー)の実現に向かう物語り(ナラティブ)が必要となる。本授業では代表的な経営戦略のフレームワークを事例研究を通して学び、企業現場での実践に役立つ知識を得ることを目標とする。

  • 授業の内容

    本授業では、経営戦略の代表的なフレームワークを学び、事例研究を通してその使い方を実践的に経験する。コースの前半では企業の外部・内部分析、後半では組織的知識創造に関するフレームワークを学ぶ。授業の進め方は、前半ではフレームワークなどを講義、後半では事例を紹介し、グループディスカッションなどによってフレームワークを実際に使った戦略の分析や立案を行って実践的な学びを促進する。また、Blackboardを活用して、授業内にミニクイズ、授業後にリアクションペーパーを行うことで、学習効果の向上を狙う。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション:経営戦略とはなにか
    2.  経営戦略の策定:企業の外部分析1 PEST分析、Five Forces分析
    3.  経営戦略の策定:企業の外部分析2 Five Forces分析
    4.  経営戦略の策定:企業の内部分析1 BCGポートフォリオ、プロダクト・ライフ・サイクル
    5.  経営戦略の策定:企業の内部分析2 バリュー・チェーン、コア・コンピタンス、VRIO
    6.  経営戦略の策定:外部分析と内部分析の総合 SWOT分析、3C分析
    7.  ゲストスピーカー
    8.  経営戦略の実践:組織的知識創造1 SECIモデル
    9.  .経営戦略の実践:組織的知識創造2 場
    10.  経営戦略の実践:組織的知識創造3 リーダーシップ
    11.  経営戦略の実践:組織的知識創造4 ソーシャル・イノベーション
    12.  ゲストスピーカー
    13.  まとめ:経営戦略論をどう使っていくか
    14.  最終テスト
  • テキスト

    なし

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    41nk%2bnwdvdl. sl160 戦略サファリ 第2版
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    ヘンリー・ミンツバーグ東洋経済新報社978-4492533192
    41nwtfdyyjl. sl160 流れを経営する
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    野中郁次郎、遠山亮子、平田透東洋経済新報社978-4492521823

    そのほかは授業内で指示する

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業内に指示する。事前に事例に関する文献や映像を見るように指示することがある。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています