年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2019法学部法学科・国際ビジネス法学科・政治学科一ノ瀬 佳也
金・1
4253池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    自動登録/基礎文献講読(Basic Readings)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    各科目担当者は,各自時間割計画シートで確認すること

  • 備考

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 1時限 4253

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX1910

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    EX511

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%平常点(発表,発言,レポートなどの提出等)(100%)

    2回連続無断欠席,通算3回欠席の場合には,原則として成績評価の対象としない。

  • 授業の目標

    法学や政治学などの社会科学を専門的に学ぶための導入として,基本的であるが含蓄のある文献を素材として適宜用いながら,文献や資料の収集方法・プレゼンテーションの作法・レポート作成の方法・読解力・論理的思考力などを身につける。

  • 授業の内容

     この授業は,次のスタイルで実施する予定である。
     履修者は,全員,授業回ごとに指定する文献の該当範囲をよく読んで授業に参加する。あらかじめこちらから提示する論点などについて,コメントカードの作成を求めることもある。また,報告者を指名して,文献の要約を中心とするレジュメの作成と報告を求めることもある。授業では,報告者による発表や,各自のコメントカードなどを基に,履修者全員が各自の意見・疑問を示しつつ,それをふまえて全員で討論することで理解を深める。
     また,講読する文献や討論から浮かび上がってきた論題や,発展的な論題をいくつか選び,それらについての討論を行う授業回を設ける場合もある。その際に履修者は,関連する情報を丹念に収集・調査して自己の見解を事前にまとめる等,十分に準備をする。授業を通じて履修者は,意見交換やお互いの疑問や批判に応えることを通じて,自らの見解を深め,説得力のある主張を示すことができるように努める。

  • 授業計画

    1.  オリエンテーション
    2.  図書館ガイダンス(他の回に行う場合もある)
    3.  文献の講読および討論①
    4.  文献の講読および討論②
    5.  文献の講読および討論③
    6.  文献の講読および討論④
    7.  文献の講読および討論⑤
    8.  文献の講読および討論⑥
    9.  文献の講読および討論⑦
    10.  文献の講読および討論⑧
    11.  文献の講読および討論⑨
    12.  文献の講読および討論⑩
    13.  文献の講読および討論⑪
    14.  文献の講読および討論⑫
  • テキスト

    授業の最初の回に指示する。テキスト・参考文献のいずれについても,必要があればコピーを配布することもある。

  • 参考文献

    授業の最初の回などに,適宜,指示する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    担当教員の指示に従うこと。

  • その他(HP等)

    <授業形態>
    演習形式の授業である。

    <フィードバック>
    最終回の授業で全体につきフィードバックを行う。

  • 注意事項

まだレビューがありません😭

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

関連授業