この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

観光学部 / 観光学科

卒業研究指導B

年度・学期コマ教室
2019 / 秋木・5
N241
講師キャンパス備考
葛野 浩昭
新座特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    自動登録/卒業研究指導B(Seminar on Graduation Research B)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    葛野 浩昭(KUZUNO HIROAKI)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限 N241

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM4003

  • 使用言語

    その他(Others)

  • テキスト用コード

    HB706

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%卒業論文研究・ゼミ論文研究への取り組み姿勢 (70%) 、研究の報告発表の評価(30%)
  • 授業の目標

    文化・社会の変化・交流・創造現象に関する実証的な卒業論文研究あるいはゼミ論文研究への実践的指導です。

  • 授業の内容

    以下の授業計画を参照して下さい。

  • 授業計画

    1.  学術的論文作法の確認。
    2.  学術的論文作法の確認。
    3.  各人が自らの夏休み中の研究・調査活動の概要を紹介し,皆で議論する (1巡目) 。
    4.  各人が自らの夏休み中の研究・調査活動の概要を紹介し,皆で議論する (1巡目) 。
    5.  各人が自らの論文の目次案を紹介し,皆で議論する (2巡目) 。
    6.  各人が自らの論文の目次案を紹介し,皆で議論する (2巡目) 。
    7.  各人が論文第1章の,先行研究の整理と自らの研究の目的・方法の部分を中心とした発表を行い,皆で議論する (3巡目) 。
    8.  各人が論文第1章の,先行研究の整理と自らの研究の目的・方法の部分を中心とした発表を行い,皆で議論する (3巡目) 。
    9.  各人が論文第2章の,自らのオリジナルな研究部分 (事例やデータ) を中心とした発表を行い,皆で議論する (4巡目) 。
    10.  各人が論文第2章の,自らのオリジナルな研究部分 (事例やデータ) を中心とした発表を行い,皆で議論する (4巡目) 。
    11.  各人が論文第3章の,考察・総括の部分を中心とした発表を行い,皆で議論する (5巡目) 。
    12.  各人が論文第3章の,考察・総括の部分を中心とした発表を行い,皆で議論する (5巡目) 。
    13.  卒業論文発表会へ向けて発表レジュメ案の紹介と検討。
    14.  卒業論文発表会へ向けて模擬発表。
  • テキスト

    随時,資料を配布します。

  • 参考文献

    随時,資料を配布します。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    上記の授業計画に加えて,個人指導も行います。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ