全学部共通カリキュラム / 総合系科目(2016~)

情報科学B

年度・学期コマ教室
2020 / 春月・1
MB01
講師キャンパス備考
佐藤 尚
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    情報科学B(Information Science B)

  • テーマ/サブタイトル等

    情報科学と社会の関わり

  • 担当者

    佐藤 尚(SATOU HISASHI)

  • 備考

    2006年度以降1年次入学者対象科目

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) MB01(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP2500

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    FE126

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%最終レポート(Final Report)(40%) 、中間レポートその1(30%) 、中間レポートその2(30%)
  • 授業の目標

    社会・組織で利用される情報科学的な考え方や情報システムの基礎的な事項を理解できるようになる。
    コンピュータをはじめとする情報機器の利用が人間の社会や組織に与える影響への理解を深める。
    マルチメディアシステムの使われ方・影響などを説明できるようになる。 Students will become able to understand information science thinking used in society and organizations and the basic facts of information systems.
    Deepen students' understanding of the effects of using computers and other information devices on human society and organizations.
    Become able to explain how to use multimedia systems and their effects.

  • 授業の内容

    主に人間や社会にかかわる側面についての情報処理技術が与える影響を学ぶものである。コミュニケーションの基礎知識からネットワークなどのマルチメディアシステムの実際の使われ方・影響などについて学ぶ。また、計算論的思考(Computinal Thinking)の基礎となる知識を学ぶ。 Students will learn about information activities mainly from the aspects of humans and society, and will learn the actual usage and influence of multimedia systems such as networks based on a basic knowledge of communications. Students will learn basic knowledge about Computinal Thinking.

  • 授業計画

    1.  コンピュータの基礎
    2.  コンピュータの社会での利用
    3.  アルゴリズムとは
    4.  プログラムを作るその1
    5.  プログラムを作るその2
    6.  インターネットその1
    7.  インターネットその2
    8.  インターネットその3
    9.  情報科学的な発想と社会
    10.  人工知能と社会その1
    11.  人工知能と社会その2
    12.  人工知能と社会その3
    13.  マルチメディア技術と社会その1
    14.  マルチメディア技術と社会その2
  • テキスト

    特定のテキストは使用しない。

  • 参考文献

    授業内において,随時紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    参考文献や課題などはBlackboard上で知らせる。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています