全学部共通カリキュラム / 総合系科目(2016~)

ドイツ語圏の社会

年度・学期コマ教室
2020 / 秋水・4
D201
講師キャンパス備考
飯田 道子
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    ドイツ語圏の社会(Society in the German-speaking sphere)

  • テーマ/サブタイトル等

    20世紀のドイツ~ナチズム、ホロコースト、「過去の克服」

  • 担当者

    飯田 道子(IIDA MICHIKO)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) D201(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    FB135

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)70%
    平常点(In-class Points)30%出席および授業に取り組む姿勢(30%)

    出席はハンディターミナルによる。毎回リアクションペーパーを提出してもらい、理解度の判断基準とする。

  • 授業の目標

    20世紀はドイツにとって激動の時代だった。第一次世界大戦敗北につづく世界恐慌、ナチスの台頭、全体主義国家への変貌、そしてドイツは再び戦争へ突入していく。20世紀のドイツを、ナチ時代、ホロコースト、戦後の克服に焦点をあてて考察する。 The twentieth century was a turbulent period for Germany.The Great Depression, the rise of the Nazis, the transformation to a totalitarian state, and Germany enters war again. We will consider the important historical events for Germany in the 20th century:the Nazi era, the Holocaust and the coming to terms with the past in the postwar East-West division era.

  • 授業の内容

    ドイツは、2度の戦争を引き起こし、敗北した。ホロコーストという前例のない虐殺行為を行い、戦後は東西に分断された。東西ドイツは、異なった政治体制の中で40年あまりを過ごし、この間にそれぞれに西と東で重要な位置を占めていく。激動の20世紀をドイツに焦点をあてて考察しながら、現在にもつながる問題について考える。講義では、記録映画と劇映画を多用して理解の手助けとしていく。 Germany started two wars and was defeated. It carried out the unprecedented act of slaughter called the Holocaust and was divided into East and West after the war. East and West Germany spent about 40 years with different political regimes, occupying important positions in the East and West respectively during this time. While examining the turbulent 20th century focusing on Germany, we will approach the roots of the various problems that lead to the present. In lectures, we will use recording films and feature films extensively to help understanding.

  • 授業計画

    1.  イントロダクション~ドイツとは
    2.  第一次世界大戦後のドイツ~ヴァイマル時代
    3.  ナチスの台頭
    4.  ナチスの文化政策
    5.  ナチスのメディア戦略
    6.  第二次世界大戦とホロコースト
    7.  ホロコースト
    8.  ホロコースト
    9.  ホロコースト
    10.  東西ドイツの出発
    11.  西ドイツの「過去の克服」
    12.  東ドイツの戦後
    13.  東西ドイツ統一後の諸問題
    14.  統一ドイツの「過去の克服」
  • テキスト

    レジュメを配布する

  • 参考文献

    授業内に適宜指示する

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業時に適宜指示する

  • その他(HP等)

    3/4以上の出席をしていない場合は、成績評価の対象としない。また、授業開始後30分経過してから入室した場合、やむをえない場合を除き、出席とは認めない。
    リアクションペーパーについては、成績判断の参考とするが、授業内容を把握していると判断できないようなもの、独自の思考過程がうかがえないもの、他人のものやインターネットの記事を書き写したようなもの等は判断の対象にしない。

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています