全学部共通カリキュラム / 総合系科目(~2015)

立教ゼミナール

年度・学期コマ教室
2020 / 春金・1
7302
講師キャンパス備考
松井 泰則
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    立教ゼミナール(Seminars for Students of Rikkyo University)

  • テーマ/サブタイトル等

    簿記・財務諸表の基礎

  • 担当者

    松井 泰則(MATSUI YASUNORI)

  • 備考

    2012~2015年度1年次入学者対象科目 定員30名 立教B科目

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) 7302(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    FH720

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%出席および授業に取り組む姿勢(30%) 、小テスト(30%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
  • 授業の目標

    簿記ならびに財務諸表について正しく理解することができる。第一に簿記の基本的仕組みを理解すること。第二に作成された財務諸表を正しく読み取ることができるようになること。第三に今日における会計の役割を皆で議論することで会計に対する理解を深めたい。 Students will be able to correctly understand bookkeeping and financial statements. First, students will understand the basic structure of bookkeeping. Second, students will become able to read prepared financial statements correctly. Third, we would like to deepen students' understanding of accounting by discussing the role of accounting today.

  • 授業の内容

    本講義は大きく以下の前半と後半に分けて行う。
    前半は、複式簿記をマスターするための練習問題を中心に行う学習。後半は財務諸表に関する基本的で重要な財務諸表ならびに会計基準の解説および今日における会計の役割について幅広く皆で議論したい。 This course will be divided into the following first half and second half.
    In the first half, learning will focus on practice questions to master double-entry bookkeeping. In the second half, we would like to broadly discuss the basic and important financial statements and provide an explanation of accounting standards and the role of accounting today.

  • 授業計画

    1.  ガイダンス
     (企業経営における会計の役割とその重要性)
    2.  決算の意義
     (貸借対照表と損益計算書について)
    3.  仕訳1:取引記録としての仕訳
     (勘定科目の性質と借方・貸方処理)
    4.  仕訳2:商品取引
     (現金取引、売掛金と買掛金など掛取引)
    5.  仕訳と元帳転記
     (仕訳の復習、元帳転記の意義)
    6.  合計残高試算表の作成おとび6桁精算表の作成
     (合計試算表、残高試算表、合計残高試算表、当期純利益など)
    7.  決算修正事項(その1)
     (売上原価の計算、貸倒計算など)
    8.  決算修正事項(その2)
     (減価償却費、経過勘定項目など)
    9.  8桁精算表の作成と財務諸表の基礎
     (固定性配列法、売上総利益・営業利益・経常利益など)
    10.  資産に関連する会計基準の解説
     (特に棚卸資産と固定資産の減価償却について)
    11.  負債・資本・収益・費用に関連する会計基準の解説
     (特に資本市場の仕組みについて)
    12.  財務諸表の構造と基本的な分析手法
     (基礎的な財務諸表分析を学習し、その意義を理解する)
    13.  実際に企業の財務諸表を分析してみよう
     (会社のホームページと財務情報)
    14.   総 括
  • テキスト

    なし

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    予習以上に復習に重点を置いて、毎回の授業を確実にマスターしていくこと。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています