経営学部 / 国際経営学科

3年次演習1

年度・学期コマ教室
2020 / 春木・4
X209
講師キャンパス備考
岡本 紀明
池袋特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    その他/3年次演習1(Seminar1(3rd year))

  • テーマ/サブタイトル等

    財務会計および財務諸表分析の専門的知識を身に付ける

  • 担当者

    岡本 紀明(OKAMOTO NORIAKI)

  • 備考

    コンセントレーション:アカウンティング&ファイナンス領域

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) X209(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    GBU3010

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    BT422

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%出席を基礎としたゼミへの参加度(40%) 、グループによる報告・プレゼンテーション(30%) 、ゼミ内における積極的な発言・貢献(20%) 、個人ワーク(10%)
  • 授業の目標

     本演習は、ある程度の会計知識があることを前提に、財務会計と財務諸表分析の知識及びスキルを高めていく。どうやって情報入手するかを含めて、主要な会計基準及び財務諸表の内容を理解しつつ、数字の背後にある企業ストーリーを読み取り、高度な企業間比較や企業評価が出来ることを目標とする。  In this seminar, students who already have some level of accounting knowledge will increase their knowledge and skills in financial accounting and the analysis of financial statements. Furthermore, in addition to understanding how to obtain financial information, students will work towards becoming able to unravel the story behind a company's numbers and performing advanced inter-company comparisons and evaluations, while understanding the main accounting standards and the contents of financial statements.

  • 授業の内容

     本演習は、基本的に財務諸表分析に関するテキストのグループ報告とディスカッションから成る。春学期の前半は財務諸表の内容、後半は比率分析を中心に学習していく。割り当てられた学生(グループ)は、テキストの内容をまとめて報告し、それに対して教員や別の学生が質問をぶつけて議論を重ねていく。講義の終盤には、各自がそれまで学んだことを生かして、グループでプレゼンテーションを行う(例えば国内外の同業複数社の財務分析など)。財務会計に関する専門用語は、必要があれば、その都度解説する。英語によるワークは個人課題とする。 This seminar primarily consists of reading and discussing texts on corporate financial statement analysis. The first half of the spring semester focuses on understanding the contents of the financial statements, and the second half focuses on ratio analysis. In groups, students will summarize and report the context of the text, then the instructor and other students will engage them with many questions and have multiple discussions. At the end of the seminar, each group will do a presentation making use of what they have learned up to that point (for example, financial analysis of domestic and foreign companies within a given sector). Technical terms related to financial accounting will be explained as needed. English work will be assigned as individual assignments.

  • 授業計画

    1.  オリエンテーション・ガイダンス・アイスブレーキング
    2.  財務諸表の役割と仕組み
    3.  貸借対照表の見方 (1)
    4.  貸借対照表の見方 (2)
    5.  損益計算書の見方 (1)
    6.  損益計算書の見方 (2)
    7.  キャッシュ・フロー計算書の見方 (1)
    8.  キャッシュ・フロー計算書の見方 (2)
    9.  収益性の分析
    10.  生産性の分析
    11.  安全性の分析
    12.  不確実性によるリスクの分析
    13.  成長性の分析
    14.  財務諸表分析のプレゼンテーション
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    51ozz4xq5dl. sl160 『財務諸表分析 第7版』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    桜井久勝中央経済社4502223514
    『新版 M&Aのグロ-バル実務』渡辺章博中央経済社450246130X

    テキストの購入の要否は講義内で指示する(必要に応じてプリントを配布する)。

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    『検定簿記講義 2級商業簿記 2019年度版』渡部裕亘・片山覚・北村敬子編中央経済社4502815438

    (あとは講義内に指示する)

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

     報告を割り当てられた学生のみならず、全ての学生が講義前にテキストの該当箇所を読んでくることが期待される。グループ報告はハードだが地道に取り組めば、企業分析の能力が身につくはずである。また、特定の企業を選んで財務諸表分析を行った結果を最後にプレゼンしてもらう予定である。

  • その他(HP等)

     テキストの改訂版が今後出版されるかもしれないが、ゼミでは最も新しいものを用いる予定である。ゼミでのイベント・交流は、国際的かつ活発なものにしていきたい。

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

関連授業