観光学部 / 観光学科

卒業研究指導B

年度・学期コマ教室
2020 / 秋月・5
N245
講師キャンパス備考
石橋 正孝
新座特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    自動登録/卒業研究指導B(Seminar on Graduation Research B)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N245(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM4003

  • 使用言語

    その他(Others)

  • テキスト用コード

    HB722

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%提出された卒業論文の本体ならびに卒業論文報告会における報告ならびに質疑応答を対象に行う。(100%)

    卒業論文を履修し指導をうけたことのみ,あるいは卒業論文本体の提出のみでは成績評価の対象とならないので注意すること。

  • 授業の目標

    卒業論文を実際に執筆する過程で発生する問題を共有し,ともにその解決法を模索することにより,論文執筆に必要な知識および技術を身につけるとともに,卒業論文の最終的な完成度を上げることを目標とする. The objective is to share issues that arise in the process of writing a graduation thesis, to search for solutions together, and to acquire the knowledge and techniques necessary for writing a thesis, so that the graduation thesis may be finally completed.

  • 授業の内容

    卒業研究指導Aで各自が設定した計画(テーマおよび調査・分析法)に基づいて論文を執筆し,その途中経過を随時プレゼンテーションしつつ,論文の完成に必要な指導を適宜行う.具体的には,説得的な議論の進め方,論理的な文章の書き方、発展的ないしは補足的な調査の行い方、さらにはその内容を適切に伝えるために必要なプレゼンテーション能力等である. Guidance will be provided as necessary for the completion of the thesis to be written according to the plans (themes, surveys and analytical methods) determined individually in graduation research project A, and while presentations are given as necessary. Specifically, it is persuasive discussion, written in logical sentences, using the methods of developing or supplementary research, with the presentation ability necessary to convey the contents appropriately.

  • 授業計画

    1.  オリエンテーション
    2.  発表と討論1
    3.  発表と討論2
    4.  発表と討論3
    5.  発表と討論4
    6.  発表と討論5
    7.  発表と討論6
    8.  発表と討論7
    9.  発表と討論8
    10.  発表と討論9
    11.  発表と討論10
    12.  卒論報告会予行演習1
    13.  卒論報告会予行演習2
    14.  卒論報告会予行演習3
  • テキスト

    とくに使用しない。

  • 参考文献

    各自のテーマに応じて個別に紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    指導内容を参考に,各自のテーマに沿って準備を進めること。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ