観光学部 / 観光学科

卒業研究指導B

年度・学期コマ教室
2020 / 秋木・5
N844
講師キャンパス備考
大橋 健一
新座特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    自動登録/卒業研究指導B(Seminar on Graduation Research B)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    大橋 健一(OHASHI KENICHI)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) N844(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM4003

  • 使用言語

    その他(Others)

  • テキスト用コード

    HB710

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%最終レポート(Final Report)(40%) 、出席・演習への参加度(60%)
  • 授業の目標

    これまでの演習の成果を踏まえ,観光と「文化」との関係についてより総合的な視座を獲得することを目標とする。 Based on the outcome of previous seminars, the aim is to gain a more comprehensive view on the relationship between tourism and "culture".

  • 授業の内容

    観光現象を「文化」という視点からとらえるテーマを各自の問題関心に応じて自由に設定してもらい,設定テーマに関する既存研究の文献研究や独自のフィールド調査を通して,観光と「文化」の関係を総合的に検討するため,報告,発表を順次行い,参加者相互に検討しあう。その上で成果を論文の形にまとめる。 Themes which tackle tourism phenomena from the perspective of “culture” can be set freely according to each issue of concern, and through existing research on the theme and independent field surveys, a comprehensive study of the relationship between tourism and “cultural” will be investigated. Reports and presentations will be made one after another, followed by a discussion among the participants. In addition, each student will write a research paper.

  • 授業計画

    1.  オリエンテーション
    2.  調査結果の検討(1)
    3.  調査結果の検討(2)
    4.  調査結果の分析(1)
    5.  調査結果の分析(2)
    6.  論文構成案の作成と検討(1)
    7.  論文構成案の作成と検討(2)
    8.  論文内容の検討(1)
    9.  論文内容の検討(2)
    10.  論文内容の検討(3)
    11.  論文内容の検討(4)
    12.  論文内容の検討(5)
    13.  研究成果の発表(1)
    14.  研究成果の発表(2)
  • テキスト

    特に指定しない。

  • 参考文献

    適宜紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    自らの問題意識の明確化に努めること。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ