観光学部 / 交流文化学科

演習(3年)A

年度・学期コマ教室
2020 / 春木・2
N423
講師キャンパス備考
西川 亮
新座特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    その他/演習(3年)A(Seminar (3rd year)A)

  • テーマ/サブタイトル等

    地域固有の歴史・文化・自然を活かしたまちづくりを学ぶ

  • 担当者

    西川 亮(NISHIKAWA RYO)

  • 備考

  • 学期

    春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) N423(Room)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    TRM3003

  • 使用言語

    その他(Others)

  • テキスト用コード

    HA663

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%授業への参加度・リアクションペーパー・提出課題(100%)

    毎回授業後3日以内に授業で学んだことについて小レポート(400文字程度)を毎回オンライン上で提出してもらう

  • 授業の目標

    2年次に学んだ、都市計画及び地域固有の歴史・文化・自然を活かしたまちづくりに関する知見を活かし、実際に具体的な地域を対象に、現地で地域住民の方に接し、まちづくりのあり方を考える。 Students will learn basic knowledge regarding urban planning, historical environmental conservation, and machizukuri. In addition to literature, we will value the stance of learning from the actual area.

  • 授業の内容

    歴史的建造物を有する大都市や温泉地、歴史地域などの都市的な空間を対象に、その地域が持つ歴史、地域の空間変容、用途の変容、都市計画の歴史、町並み保全と観光活用のための制度・政策や仕組み、町並み保全や観光まちづくりに関わる市民活動などの観点から調査・研究し、歴史的町並みにおける観光の課題やそれを解決するための方法を考える。
    演習Aでは、文献を通じて我が国の歴史的環境の保全と観光及び調査方法に関する基礎知識を理解した上で、各自が実施する研究テーマを設定する。
    また、適宜週末を使って関東近郊の歴史的町並みを訪問し、調査をするほか、夏季休暇中には地方都市の歴史的街並みの調査と学会参加を予定している。 With the target of large urban areas and hot spring areas with historical buildings, and urban spaces in historical areas, we will think about the history of the area, spatial modifications of the area, modification of applications, the history of urban planning, preservation of the townscape and systems, policies, and mechanisms for using it for tourism, preservation of the townscape and survey/research from the perspective of citizen's activities, etc. regarding tourism urban planning, issues related to tourism in historical townscapes, and methods for solving them.
    In addition, on suitable weekends, we will visit historical townscapes of the Kanto region and conduct surveys. We plan to do surveys of historical townscapes in some rural areas and participate in an academic conference.
    *Some lectures will be conducted in conjunction with the second year seminar.

  • 授業計画

    1.  文献精読・まちづくりの実践(1)
    2.  文献精読・まちづくりの実践(2)
    3.  文献精読・まちづくりの実践(3)
    4.  文献精読・まちづくりの実践(4)
    5.  文献精読・まちづくりの実践(5)
    6.  文献精読・まちづくりの実践(6)
    7.  文献精読・まちづくりの実践(7)
    8.  文献精読・まちづくりの実践(8)
    9.  文献精読・まちづくりの実践(9)
    10.  文献精読・まちづくりの実践(10)
    11.  文献精読・まちづくりの実践(11)
    12.  文献精読・まちづくりの実践(12)
    13.  文献精読・まちづくりの実践(13)
    14.  文献精読・まちづくりの実践(14)
  • テキスト

    適宜案内する

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    多くの論文や文献を読むだけでなく、まちづくりの現場を積極的に尋ねてほしい。
    また、授業以外にオンライン上での議論も求める。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

関連授業