この授業は過去の授業です。2020年度に同名・同教授の開講はないようです。

経営学部 / 国際経営学科

BL2

年度・学期コマ教室
2017 / 春火・2
9B01
講師キャンパス備考
谷口 潤
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    自動またはその他/BL2(Business Leadership 2)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    谷口 潤(TANIGUCHI JUN)

  • 備考

    経営学科:自動登録国際経営学科:「その他」登録

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    BUS2510

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%授業中の発表・討議・質疑応答(30%) 、グループワークの成果(40%) 、提出物(30%)

    欠席3回でD評価とする。遅刻2回で欠席1回の扱いにする。

  • 授業の目標

    BL0、BL1をはじめ1年次の学習内容を活用して、プロジェクト型学習を通じてチーム活動を実践する中で、チーム状況やメンバー特性に応じて、自分の持ち味を活かしたリーダーシップ行動を習得することを目指す。

  • 授業の内容

    本講座は、クライアント企業から提示されたテーマについて、少人数(4-5名)のチームで、グループワーク(討議や相互フィードバックなど)を行い、受講者各自の調査分析やチームの提案を文書としてまとめ、予選・本選で成果発表を行う。

    (1)重要な課題の発見、論理と事実に基づく分析、実現性が高い解決策の立案の仕方を、実践の中で身につける。
    (2)目的に沿って、 所定の時間内に結論を見い出す生産的な議論の仕方を、実践の中で習得する。
    (3)説得力の高い提案書の作成、相手の理解と共感を引き出す発表の仕方を、実践の中で習得する。
    (4)相手の気づきと学習を促すフィードバックの仕方を、実践の中で身につける。
    (5)チーム活動、および、各自のリーダーシップ行動を振り返り、チームの成果を高め、チーム活動を円滑に進めるために必要なリーダーシップ行動のあり方への理解を深める。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション:授業内容の説明
    2.  チーム活動に求められるリーダーシップ行動の考察
    3.  プロジェクトキックオフ(チーム目標、役割分担、活動ルールの考察)
    4.  チーム活動計画の立案、提案アイデアの考察
    5.  提案アイデアの発表・評価、ビジネス提案の基本の理解
    6.  ビジネス提案の考察、プレゼンテーション実践のコツの理解
    7.  中間発表
    8.  チーム活動、各自のリーダーシップ行動に関する中間振り返り
    9.  ビジネス提案内容、発表実践の深掘り
    10.  提案資料作成、プレゼンテーションの実践(予選)
    11.  提案資料作成、プレゼンテーションの実践(本選)
    12.  授業の振り返り(1)
    13.  授業の振り返り(2)
    14.  プロジェクト型学習の今後の活かし方の考察
  • テキスト

    適宜指示する。

  • 参考文献

    適宜指示する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    毎回の課題は授業スライドやメーリングリスト等で告知する。毎週、2〜3時間は授業外の学習時間を確保すること(グループワークのため、チーム内で日時調整を要する場合もある)。

  • その他(HP等)

    適宜指示する。

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています