この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

経営学部 / 国際経営学科

組織と戦略

年度・学期コマ教室
2017 / 秋水・3
7102
講師キャンパス備考
鈴木 秀一
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    BT102/組織と戦略(Organization and Strategy)

  • テーマ/サブタイトル等

    経営戦略における組織と経営者:カイシャとは何か

  • 担当者

    鈴木 秀一(SUZUKI SHUUICHI)

  • 備考

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    BUS2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)70%
    平常点(In-class Points)30%授業内レポート(30%)

    私語で「イエローカード」を出された学生は,学生証を確認した上で減点対象とする。

  • 授業の目標

    自動車産業の日米企業を事例として,入門的なケーススタディを行い,具体的に組織と戦略についての基礎的な知識を学び,日本独特の企業組織である「カイシャ」の歴史的特徴を米国企業との比較から考察する。

  • 授業の内容

    企業の持続的競争優位の源泉は何か。戦略か,それとも組織の卓越性か。経営者の能力か,それとも現場の実行力なのか。この講義では,製造業とくに自動車産業を歴史的ケースとして,産業の成立・成長・転換をふり返りながら,経営戦略論および資源ベース戦略論を使って分析する。また,ゲストにお招きする実務家によるレクチャーから理論と実務のつながりを学ぶ。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション:
    カイシャ=企業ではない。就職と就社のちがい。
    2.  会社制度の国際比較:
    株主価値と人事制度の視点からカイシャをみる
    3.  伝統的戦略論(1)
    チャンドラー型企業の成立と米国的マネジメント:自動車産業
    4.  伝統的戦略論(2)
    ドラッカー理論:企業と正当性,ポーター戦略論:業界分析
    5.  ケース(1)
    フォードと自動車産業
    6.  ゲストスピーカー(1)予定
    7.  現代戦略論(1)
    資源ベース戦略論,自動車メーカーのイノベーション能力
    8.  現代戦略論(2)
    日本企業におけるゲーム理論とコーオペレーション(協力)経営
    9.  現代戦略論(3)
    ダイナミック・ケイパビリティ戦略とハイテク産業
    10.  ケース(2)
    General Motorsの戦略と組織
    11.  ゲストスピーカー(2)予定
    12.  ケース(3)
    GM,スローン経営の崩壊
    13.  組織論(1)
    カイシャと日本的な自己アイデンティティ
    14.  組織論(2)
    カイシャのイノベーション能力について
  • テキスト

    レジュメを配布する

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    4159re2rtel. sl160 『入門経営組織』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    鈴木秀一新世社4-88384-041-7
    416vr8grjdl. sl160 『経営のルネサンス』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    鈴木秀一他文眞堂4830949384
    『善き経営』立教大学経営学部編丸善雄松堂

    参考文献は講義の進行に応じて必要な箇所を参照してほしい。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    講義内に指示する。

  • その他(HP等)

    私語はまじめな履修者に対するハラスメントである。これに寛容になる理由を私は見出せない。厳格に対処する。

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業