この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

法学部 / 法学科・国際ビジネス法学科・政治学科

演習

年度・学期コマ教室
2017 / 通年月・5
7205
講師キャンパス備考
早川 吉尚
池袋特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    EX627/演習(Seminar)

  • テーマ/サブタイトル等

    グローバル化時代のビジネス社会と法

  • 担当者

    早川 吉尚(HAYAKAWA YOSHIHISA)

  • 備考

    その他登録

  • 学期

    通年(Full year)

  • 単位

    4単位(4 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX4910

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%グループでの報告の報告内容(100%)
  • 授業の目標

    グローバル化時代の様々な新しいビジネスの展開とこれに対する法規制を考察する。

  • 授業の内容

    この10年ほど世界のビジネスシーンにおいてはますますグローバル化が進んでいます。
    本演習においては,その関心領域に応じて参加学生を幾つかのグループに分けた上で,そのグループごと
    に,文献の渉猟,企業・業界団体・官庁に対する直接の取材等を通じて,そのような新しいビジネスの詳細や新たな法規制に関して調査・研究してもらいます。その上で,全員参加の演習の場においてパワーポイントを用いた報告をしてもらい,さらに,全員による討議・検討を経るという形をとることになります。
    なお,各グループの報告の内容は,ウェブサイトを通じて内外に発信される予定です。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション
    2.  テーマ設定、グループ分け
    3.  中間報告
    4.  第1回報告①
    5.  第1回報告②
    6.  第1回報告③
    7.  第2回報告①
    8.  第2回報告②
    9.  第2回報告③
    10.  第3回報告①
    11.  第3回報告②
    12.  第3回報告③
    13.  総 括①
    14.  総 括②
    15.  テーマ設定
    16.  テーマ設定、グループ分け
    17.  中間報告
    18.  第1回報告①
    19.  第1回報告②
    20.  第1回報告③
    21.  第2回報告①
    22.  第2回報告②
    23.  第2回報告③
    24.  第3回報告①
    25.  第3回報告②
    26.  第3回報告③
    27.  総 括①
    28.  総 括②
  • テキスト

    演習の中で指示する。

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    グループでの報告が主となるため、授業時間以外にグループで集まり、報告内容の検討を行うことが多くなります。
    なお、本演習は延長するのが通常です。正規授業時間の後の時間についても、予定を入れないようにお願いします。

  • その他(HP等)

    <選考方法>
    採用人数 : 30名程度
    配当年次 : 3・4年次
    選考方法 : レポートを haya@rikkyo.ac.jp まで申込期間内に電子メールで送信してください。なお、演習申込カードも、所定期日・場所に必ず提出してください。
    ①題目 : 自己紹介、及び、グローバル化が社会に与える影響につき、自分の経験を踏まえながら、自由に記述してください。
    ②字数 : 自 由
    演習論文 : な し

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業