この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

法学部 / 法学科・国際ビジネス法学科・政治学科

政治学基礎演習

年度・学期コマ教室
2017 / 秋月・5
9303
講師キャンパス備考
清水 謙
池袋特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    EX578/政治学基礎演習(Introductory Seminaron Political Science)

  • テーマ/サブタイトル等

    国際政治史入門

  • 担当者

    清水 謙(SHIMIZU KEN)

  • 備考

    その他登録

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2910

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%担当箇所の報告(60%) 、出席・準備メモ・議論への積極的参加度など(40%)
  • 授業の目標

    国際政治を通史的に学ぶことで、21世紀における様々な問題群を理解し体系的に分析する基礎を培うことを狙いとする。また、できるだけ多くの国・地域の政治や歴史、文化などにも目を向け、国際的な相互理解を深めて、複眼的な視野を涵養することも目指したい。

  • 授業の内容

    本演習では、国際政治史の基本的な文献を輪読しながら各章について議論をする。受講生には報告を担当してもらう章を割り当て、報告のあと受講生全員で議論をする。各回のテーマに合わせて、史料調査やフィールドワークなどから教員が得た成果も紹介する。テキストには豊富に史料も収録されており、議論にあたってはこうした史料から読み取れる国際政治史を分析する切り口や国際政治理論の分析枠組みなども共に考えていきたい。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション
    2.  「20世紀と国際政治」の輪読と議論
    3.  「帝国主義の時代と第一次世界大戦」の輪読と議論
    4.  「第一次世界大戦後の国際体制」の輪読と議論
    5.  「1930年代危機と第二次世界大戦の起源」の輪読と議論
    6.  「第二次世界大戦」の輪読と議論
    7.  「第二次世界大戦の終結と戦後秩序」の輪読と議論
    8.  「冷戦の起源とヨーロッパの分裂」の輪読と議論
    9.  「冷戦と超大国の支配」の輪読と議論
    10.  「冷戦の諸相」の輪読と議論
    11.  「冷戦後の世界と地域紛争」の輪読と議論
    12.  「中東紛争と湾岸紛争」の輪読と議論
    13.  「テロとの戦争 ―アフガニスタンとイラク」の輪読と議論
    14.  「21世紀の国際社会と国際政治」の輪読とまとめの議論
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    51zo9d7yvel. sl160 『国際政治史 世界戦争の時代から21世紀へ』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    佐々木雄太名古屋大学出版会978-4-8158-0671-2

  • 参考文献

    受講者の関心を汲み取りながら演習中に適宜紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    毎回のテキスト輪読に際して演習で扱う章を事前に通読し、コメントや疑問点などを整理したメモを作成し、演習開始時に提出してもらう。

  • その他(HP等)

    <選考方法>
    採用人数: 15名程度
    配当年次:1年次
    選考方法:レポート
    ①題目:本演習を志望する理由と、国際政治で関心のあるテーマについて自由に論じて下さい。
    ②字数:1000〜1200字程度(A4用紙1枚以内)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業